エリーネエリーネ

結婚したから会社を辞める寿退社って古い考えかもしれないけど、実際に寿退社をしている人はまだまだいます。
寿退社に興味のあるあなたのために役立つ情報をまとめておいたから参考にしてくださいね。


社会人になって数年がすぎると、だれでも一度や二度は仕事を辞めたいと思ったことがあるかもしれません。

仕事がキツイ、人間関係がつらいなど退職したい理由は人によって様々です。
難関資格や高いスキルがある人ならば、より良い職場環境を求めて転職活動ができますが、一般職などで昇進の見込みもなくこれといったスキルもない人にとっては、今以上の条件で働ける職場があるかどうかもわからず、むやみに転職回数を増やすのも何かと不安ですよね。

そんなときに頭に浮かぶのが結婚を機に仕事を辞める「寿退社」です。
ひと昔前の独身女性にとっては王道の退職理由でした。
共働きが当たり前の時代になって、最近では結婚しても仕事を辞めない女性が増えていますが、それでも今でも一定数以上の人が結婚や出産などをきっかけで仕事を辞めています。

ここではそんな寿退社をめざす方法について考えてみましょう。

寿退社のメリットは「人生を見直すことができる」

仕事が長時間労働できつい、やりがいもない。
そんな理由で寿退社を夢見る人もいます。
独身女性にとって結婚はこれまでの働き方を変えるチャンスですから、結婚相手が希望するのであれば専業主婦となって家庭を守ることに生きがいを見出すのもいいと思います。

まったくの無収入でいるのが心細いなら、パートタイムの短時間労働となって家庭と両立できる程度に働くこともできます。
いずれにせよ、寿退社をめざすのは逃げではありません。
これまでの生き方や働き方を見直すきっかけだと考えましょう。

寿退社のデメリットは「専業主婦も楽ではない」

寿退社を願うあまり、専業主婦に必要以上のあこがれを持つことはやめておきましょう。
隣の芝生は青く見えるものです。

専業主婦になったらなったで、自分の収入がないことの肩身のせまさや、365日休みのない家事育児に疲れることもあるかもしれません。
今仕事を辞めたいと思っているあなたのことを、自分の時間と収入があってうらやましいと思っている専業主婦の女性もいるはずです。

保育園に子どもを預けて働くお母さんの中には「家事育児より仕事をしている方が楽!」と言う人だっているのです。
あなたは家族に尽くすことに喜びを見出せるタイプですか?

また、優雅な専業主婦をさせてくれそうな高収入男性に見初められるだけの容姿や教養や社交性がありますか?
自分の適性をみきわめて、家事と育児だけの毎日に満足できなさそうだと思ったら、再就職に向けてどのような職種や働き方があるかをあらかじめ調べ、パートナーと結婚後の家計についてよく相談しておきましょう。

あなたが近い将来結婚を考えている相手がいないなら、この機会に婚活を始めてみるのもいいかもしれません。

男性は寿退社についてどう思っているの?

寿退社について世の中の人はどのような意見を持っているのでしょうか?
日本最大の婚活サービスを運営する株式会社IBJが調査した「結婚後の女性の働き方」についてのアンケートによると婚活中の男性で、結婚後の妻に専業主婦でいてほしいと思っている人はわずか5%しかいませんし、妊娠出産後の子育て期間においても14%にとどまります。

結婚後の妻の働き方希望

参考:IBJ総研

多くの男性は結婚後も女性には正社員として仕事を続け、出産後も正社員またはパートで働いてほしいと思っているようです。
今は給料が右肩上がりに伸びていく時代でもないですし、雇用状況も不安定な社会です。

ひとりの収入で家庭を支えることが難しいと考える男性が増えているのも自然な流れでしょう。
だから結婚を意識している男性の前では、「結婚したら退職したい」とは言わない方が良さそうです。

「結婚後は家庭と両立できる仕事に転職するかもしれないけど、何らかの仕事は続けたい」と言っておくほうが、男性も安心して結婚しようと思ってくれます。

女性が寿退社する理由は?

結婚を機に退職する女性というのは、大体3パターンに分類されます。

1.結婚相手に経済的余裕があるから主婦として家庭を支える

結婚する男性に経済的に余裕があれば、今の仕事を辞めて専業主婦になっても安心です。
なかには男性から専業主婦になってくれることを希望することもあるようです。

おおよそ600~1,000万円程度の世帯年収であれば出産後も生活できると考えているようです。

夫婦合せて600〜1,000万円くらいの年収があれば理想の家庭生活を送れると婚活中の男女は考えています。

妻がパートをしながら足りない分を補うといった働き方もできますので、必ずしも年収600万円以上の男性と結婚しなければいけないというわけではありません。

高収入の男性と結婚できれば専業主婦も可能ですが、それなりの収入がある男性は人並み以上に仕事がハードで忙しいことが多いです。
毎日帰宅が遅く、家事や育児のサポートがまったく期待できない場合もあります。

また夫がハイステイタスな職種の場合、妻に求められる容姿や家事の水準も高くなるかもしれません。

2.現職場が激務なため家庭と両立できず退職する

家事も立派な仕事です。
家事と仕事を両立することの負担から会社を辞める女性も多いようです。

仕事が忙しい男性にとっては、共働きに必要な家事育児の分担が負担になることもありますので、家事の分担をするくらいなら、奥さんはアルバイト程度の短時間労働でいてもらい、家庭のことはメインで任せたいと思っている男性も多いのです。

今の仕事が忙しくて働き方を変えたいと思っている人にとってはよいきっかけになるでしょう。

3.転勤や引越しで現在の職場に通うのが難しくなった

結婚相手の勤務場所の変更、転勤によって現在の職場に通勤するのが難しくなり退職する場合もあります。
この場合前職の勤務年数によっては失業保険ももらいやすくなります。

しかし頼れる実家や友達から離れて遠方に嫁ぐ場合、新しい土地に慣れないうちは孤独を感じることもあるかもしれません。
また、新居と会社との通勤時間が長いので退職し、自宅の近くで仕事を見つける方もいるようです。
転職活動をする際は前職の退職理由を簡単に質問される場合が多いですよね。

結婚を機に退職というのは仕事がイヤで辞めたかったという理由より前向きな退職理由としてとらえられやすいのが強みです。
夫が働いて家計を支えてくれているので、独身のときに比べて求職活動中も気持ちにゆとりを持ちやすいでしょう。
寿退社をめざすのなら、その後に自分がどういう生き方をしたいのかもよく考えてみましょう。

寿退社をする方法は経済的に余裕のある男性を見つけること

あなたに現在、恋人がいない場合は、寿退社できそうな相手を探して婚活するのがおすすめです。
結婚して専業主婦になる方は、そこまで多くはありませんが、結婚相手の収入次第では家庭に入ってパートナーを支えていくほうがいいこともあります。

あなたが専業主婦を希望するなら、こちらの記事で紹介しているような高収入男性が多く所属する婚活サービスをチェックしてみてください。

結婚相談所は入会審査が厳しいので安心し活動できること、相手の職業、年収、価値観などが事前に確認できるのが魅力的です。
ハイクラスの男性が多数所属している結婚相談所は女性の入会審査は厳しくなりますが、入会できるかは結婚相談所で担当の婚活アドバイザーと話をしてみないと分かりません。

今すぐに結婚するつもりはなくても、情報収集して準備しておきましょう。
自然に出会いを見つけて結婚するのが難しい時代ですので、結婚相手探しに婚活サービスを使う方も増えています。
あなたは結婚したいですか?

いつか結婚したいと思っているなら今から婚活を始めても早すぎではありません。
世の中には便利な婚活サービスがたくさんありますので、うまく活用して幸せをつかんで下さい。

おすすめの関連記事




CTA(あなたにピッタリの婚活プランをご提案させて頂きます)

条件ごとに婚活プランを知りたい方

あなたの希望条件を教えてください。
理想の結婚に近づくために最適な婚活プランをご提案させていただきます。

お金持ちと結婚したい(CTA)恋愛結婚したい(CTA)公務員と結婚したい(CTA)

外国人と結婚したい(CTA)1年以内に結婚したい(CTA)イケメンと結婚したい(CTA)

成婚率が高い(CTA)サポートが充実している(CTA)再婚したい人の婚活(CTA)

年代ごとの婚活プランを知りたい方

自分の年代に合った婚活サービスを利用することが、理想の結婚をする近道です。
以下ではあなたの年代に最適な婚活方法をご提案させていただきます。

20代30代40代

ピンポイントで最適な婚活プランを知りたい方

3、4つの簡単な質問にお答えいただくと、あなたにとってベストな婚活方法を無料でご提案させていただきます。

婚活診断をはじめる

また、ツヴァイならたったの2分で「自分の恋愛傾向」がわかる無料診断ができます。


理想の相手と出会うためにもまずは自分を知ってみよう♪
⇒自分だけの恋愛傾向を無料で診断してみる

「初心者の婚活」トップに戻る