バブル時代のころまでは、25歳までに結婚しないと「行きおくれ」のように言われていたこともありました。
今では、25歳での結婚でも「早いね~」と言われるような時代になってきました。
女性が社会で働くことも一般化されてきているし、さらに男性と同等に働くことも当たり前のような時代になってきました。
寿退社というような言葉も死語のようになっていますよね。

どんどん晩婚化の流れがあるけれど、やっぱり30歳までには結婚したいと思っている女性もいますよね。
晩婚化の風潮になっている要因の中には、男性側の年収が少なくなっていることもあります。
20代の男性には、結婚生活を持続するだけの力がまだないことが不安で結婚できないという男性もいます。

30歳までに結婚して子どもを持つ

30歳までに結婚するメリットで一番にあがるのは、やはり子どもの出産と育児でしょう。
30歳までに結婚して出産も終えてしまうと、子どもも妊娠しやすいし、まだまだ体力があるので育児も楽です。
子どもの外遊びにも十分耐えられます。

20代の頃は、職場でもまだそこまで責任の重い立場にいないことも多いので、子どもの出産でも休みも取りやすいし、子どもの行事にも参加するために休暇も申請しやすいものです。
これが、30代以降で役職がついてくるとなかなか休暇を取るのも難しくなってくるので、20代での結婚のメリットになるでしょう。

また、子どもの教育費も一番かかる頃は、あなたも旦那さんも30代40代の現役バリバリの働き盛りです。
なので、お給料も人生で一番稼げる時期かもしれません。
そんな時期に教育費や養育費が一番かかる時期が重なってくれるので、経済的にも助かります。

末子を30歳で出産すると、その子が20歳の時にあなたは50歳です。
50歳の時に自分の子どもが成人して巣立ってくれると、その後の生活を自分の自由な時間としても使えます。
子どもにかかる学費もほぼ支払いの目途がついている時期に50歳を迎えているのです。

ところが、40歳くらいで出産すると、その子が成人する時に60歳になります。
60歳の時に今勤務しているところで、それまでと同じようにお給料をもらえているか?というのは少し怪しくなってきます。
一番お金が子どもにかかる時期に、再雇用になっていたり、お給料が何パーセントかカットされて雇用されることもあり得るのです。

60代になると健康面でも気がかりになってきます。
病気をしてしまって思うように働けなくなってしまうことも考えられるのです。
子どもの学費を前もって確保したり、貯蓄をしておく必要がでてきます。
また、自分の子どもの子育てと親の介護の時期が重なってしまうこともあり得ます。
自分の子どもの成長と親の年齢も結婚生活に大きな影響を与えるものなのです。

新しい環境に馴染みやすい

30歳までは、まだまだ気持ちも体も順応性があります。
結婚すると、相手側の家族や親族とのお付き合いもあります。
その家の風習や地域の風土やしきたりなどもあります。
そのような今までとは違う新しい環境に、結婚したら馴染んでいかなくてはいけなくなります。

新しい風習を取り入れていくのも若い時期の方が馴染やすいものです。
年を重ねれば重ねるほど、新しいものを受けていくのも難しくなってきます。
素直にすんなりとその家の習慣に慣れていけるのも、結婚が早い時期のほうかもしれません。

若い時は、お金があまりなくても気にしないで楽しめたり、それなりに生活はできるものです。
順応性の高い時期に新しい環境に慣れることも、その後の結婚生活を安定しておくる要素の一つといえるでしょう。

30歳までにどうやって結婚するの?

30歳までに結婚したい!と思っていても、結婚は相手がいることですので簡単なことではないのかもしれません。

あなたにもし彼氏がいるのであれば、素直に私はこういう理由で30歳までに結婚したいと話してみるのもよいでしょう。
男の人はそんなに先のことまで考えていないこともあります。
あなたが具体的に、「何歳で結婚して、何歳には子どもが欲しい」という話をするとお互いに共通の目標ができます。
目標を明確にすることで、結婚する時期が定まってくるのです。

また、今の時点で恋人がいないのだけど、30歳までに結婚したいと思っている場合は、婚活を始めてもよいかもしれません。
自分の人生設計が浮かぶのであれば、それに合うタイミングで出会える人もある意味運命を共にするパートナーであるかもしれません。

結婚はタイミングが大事です。
お互いの気持ちが結婚に向いていないと、結婚話は進んでいかないものなのです。
お互いがそろそろ結婚してもいいかな?と思っていれば、トントン拍子で結婚まで進んでいけます。

30歳までに結婚してもいいかな?と考えているのであれば、20代の早いうちから婚活をしていれば、30歳までに数人の男性とお付き合いできて、将来のパートナーを探せるかもしれません。

相手の結婚意志を確認しよう

あなたにとってはすぐにでも結婚したい男性であっても、その男性が結婚については全く無関心であることもあります。
婚活をする際には、相手の男性が結婚についてどう考えているのか?を早いうちに確認をしていた方がいいでしょう。

なぜかと言うと、あなたはしばらくお付き合いして結婚するつもりでいても、相手の男性はそのつもりがないのであれば、その彼との付き合っている時間を無駄にしてしまいます。
あなた自身も彼との結婚を考えていないのなら、無駄な時間ではなく楽しい時間を過ごせてよいのです。

でも、あなたの目標が30歳に結婚することであるのなら、早い時点で二人の結婚について話し合い、二人の意志を固めておくと、話を進めやすいでしょう。

付き合い始めたら早めに両親に合わせる

結婚をスムーズに進めるためには、両方の親を巻き込む方が早いです。
この人と結婚したいなと思う男性であれば、早めに両方の親に挨拶に行きましょう。

いきなり「結婚します」と言いにいくのではありません。
が、「結婚を前提にお付き合いしています」と家族に宣言をすることで、家族も応援してくれるし、結婚をお互いに意識することができます。
また、お互いの家族に紹介することで、彼氏もあなたも今までのような軽い気持ちでお付き合いするわけにはいかないなという意識が芽生えます。

お互いがお互いを思い合い、大事な存在へと意識が移り変わっていきます。

まとめ

結婚はパワーがいります。
結婚する準備も出産も子育ても、今までの独身時代のような気楽さはありません。
そのようなパワーのいる結婚を30歳までにしてしまうのは、若さで乗り切ってしまえるという特典もあります。

今現在の自分のことを考えると、結婚は早いかな?と思うかもしれません。
けれど、人生のどの時期に自分は何をしていたいか?ということを考えると、決して今の時期が早いということはなくなる場合があります。

例えば、「子供を3人欲しい。30歳までに末子を産み終えたい。」となると、25歳くらいまでに結婚しなくては、30歳までに3人を産むのは難しくなってきます。
たとえ今23歳で結婚は早いかな?と思っていても、30歳までに3人産みたいのなら、早く結婚相手を見つけないといけなくなるのです。

人生設計通りに人生はなかなか進むものではありません。
けれど、もしあなたが具体的な人生設計があるのであれば、それに向かって頑張ってみるのもよいでしょう。
自分の人生は一度きりです。
あなたが過ごしたい人生をあなたが描いて行けるようしてみましょう。
婚活活動もその一環になるでしょう。

CTA(あなたにピッタリの婚活プランをご提案させて頂きます)

条件ごとに婚活プランを知りたい方

あなたの希望条件を教えてください。
理想の結婚に近づくために最適な婚活プランをご提案させていただきます。

お金持ちと結婚したい(CTA)恋愛結婚したい(CTA)公務員と結婚したい(CTA)

外国人と結婚したい(CTA)1年以内に結婚したい(CTA)イケメンと結婚したい(CTA)

成婚率が高い(CTA)サポートが充実している(CTA)再婚したい人の婚活(CTA)

年代ごとの婚活プランを知りたい方

自分の年代に合った婚活サービスを利用することが、理想の結婚をする近道です。
以下ではあなたの年代に最適な婚活方法をご提案させていただきます。

20代30代40代

ピンポイントで最適な婚活プランを知りたい方

3、4つの簡単な質問にお答えいただくと、あなたにとってベストな婚活方法を無料でご提案させていただきます。

婚活診断をはじめる

また、ツヴァイならたったの2分で「自分の恋愛傾向」がわかる無料診断ができます。


理想の相手と出会うためにもまずは自分を知ってみよう♪
⇒自分だけの恋愛傾向を無料で診断してみる

「初心者の婚活」トップに戻る